広島県で開かれる多肉植物販売イベントをまとめました!

多肉植物

「広島県で開かれる多肉植物のイベントに参加してみたい!」

近年人気の趣味「多肉植物栽培」にハマってしまった方なら、一度はイベントに顔を出してみたくなりますよね。

今回はそんな「広島の多肉植物イベント」について「いつ・どこであるの?」「どんなものがあるの?」など詳しくご紹介していきます!

多肉植物のイベントって何するの?

そもそも「多肉植物のイベント」って何?と思われる方もおられるかもしれません。

‘イベント’とは「期間を区切って行われる催し物」のことですが、「多肉植物のイベント」では「屋内外の施設や店舗などを借り切って、様々な多肉植物のお店が集まり、持ち寄った苗の販売が行われる」という形式が一般的です。

色々なお店が一同に集まるため、一度に沢山の苗を見たり、好みの苗を見つけて購入できるチャンスの日!というわけです。

またイベントによっては、

・専門家による育て方講座や質問コーナー
・オークション形式で行われるセリ会(即売会)
・苗の展示会や品評会
・くじ引きや寄せ植え教室などのお楽しみレクリエーション

など、様々な催しが併せて行われる場合もあります。

開催期間は基本的には1日ですが、2日間ないしは数日にわたって行われるイベントも。

さらに、多肉専門イベントではありませんが、「別の大きなイベントの中に多肉専門店が出店する」というパターンもありますよ。

その場合は多肉植物だけでなく、その他の植物や雑貨、軽食など幅広く楽しめるのが魅力です。

広島ではどのようなイベントがあるのか、じっくりとみていきましょう!

広島県の多肉植物専門イベント

まず広島県内の多肉植物専門イベントをご紹介します。
たくさんの苗に一度に出会える、多肉植物好きにはたまらないイベントです!

「サボテン展」広島市植物公園

地元の多肉植物愛好家が集う「広島カクタスクラブ」主催の多肉専門イベントです。

毎年10月に広島市植物公園の「展示温室」で開催され、会員が愛培した自慢の苗の展示コーナーやその品評会、販売会などが行われます。

広島県で開かれる多肉植物販売イベント

100点以上の様々な素晴らしい多肉植物を見ることができ、必要であれば会員からその特徴や育て方などのお話を聞くことも可能ですよ。(その場で入会もできます!)

イベント自体は2週間ほど期間がありますが、苗の販売会は土日のみなので、購入希望の方はお気をつけください。

また、イベントコーナーの隣には植物園の「サボテン温室」があり、そちらも併せて楽しむことができます。

サボテンや多肉植物など、見応えのある約320品種・500株を目にすることができますよ!

園内は広く、お食事処もあるためのんびり楽しめます。
入り口付近に植物苗の常設販売コーナーもあり、そちらでも運が良ければ多肉植物を見つけることができます。

期間毎年10月(2週間程度/苗の販売は土日のみ)
時間9:00-16:30(入場は16:00まで)
場所広島市植物公園 展示温室
入場料植物園入園料のみ(イベント自体は無料)

詳しい日程等の確認は植物園HPのイベント情報ページをご参照ください。

緑の市 リーフマルシェ

以前多肉植物の専門店記事でもご紹介した「leaf+」さんにて、定期開催されている植物マルシェ。
おおむね春(4月)と秋(10月)に開催されています。

敷地内のタープテントにアガベ、サボテン、ハオルチア、塊根植物、メセン、エケベリアなど様々な多肉植物のお店が並び、多肉好きな方にとってはたまらない1日となります。

広島県で開かれる多肉植物販売イベント
公式アカウントより

詳しい出店情報や日時などは毎回Instagramにて発信されますので、公式アカウントをご確認ください。

期間2023年は4月9日、10月8日
時間10:00-15:00
場所leaf+ 〒731-3362 広島県広島市安佐北区安佐町久地3520−80
入場料無料

リエール多肉フェスティバル

Lier.succulent株式会社が運営する多肉フェスティバル。

エケベリアなど可愛らしい多肉植物を中心とした苗が2万点以上並ぶ販売会です。
広い会場に写真のようなワゴンが並び、沢山の苗が用意されます。(一部抜き苗などで。)

※同系統の多肉専門店が一緒に出店する場合もあります。

イベント自体は全国各地で行われており、次回も同じ日時・場所で開かれるかどうかは分かりませんので、ぜひ公式のスケジュール表などでチェックされてみてください。

期間不定期(2023年は2月18日)
時間10:00-15:00(8:30から開場待ち可)
場所広島産業会館 東展示館 第一展示場(変更あり)
入場料無料

多肉専門店の出店があるその他のイベント

広島グリーンフェア (春・秋)

毎年春と秋に、広島市が運営する「グリーンフェア」が広島市内で開催されます。

様々な草花と一緒に、多肉植物のお店も2~3店出店されます。
(例年ですとエケベリアやセダムなど)。

また販売だけでなく、展示会があったり、育て方相談コーナーがあったり。
23年の春のグリーンフェアでは、多肉の寄せ植えワークショップも開催されました。(参加には事前申し込みが必要。)

飲食コーナーなどもあり、ご家族連れでも幅広く楽しめます。

「春のグリーンフェア」
期間毎年4月(23年はG7のため?6月開催):1週間程度
時間10:00-17:00
場所広島ゲートパーク(旧市民球場跡地←サッカー場建設のため中央公園から変更に)
入場料無料
「秋のグリーンフェア」
期間毎年10月:1週間程度
時間9:00-16:30(入場は16:00まで)
場所広島市植物公園
入場料無料(イベント期間中は入園料自体も無料!)

筵會茣蓙一廣島朝筵 

毎年春と秋(例年では3月と9月)に「宮島口(みやじまぐち)」にて行われる、国内外の古道具や植物を集めた蚤の市イベントです。(「むしろかいございち ひろしまあさむしろ」と読みます。)

植物では人気のアガベ、エケベリアをはじめ、ビカクシダ、塊根植物などが並ぶことが多いです。

Instagramの公式アカウントで事前に出店情報が分かりますので、ぜひチェックして参加してみてください。

なお、当日は雨天決行で、日の出とともに始まり11:00には終了します。

駐車場は会場付近にたくさんありますが(有料)、午前中で終わってしまいますし、熱心な方は夜明け前から開始を待たれる場合も。ぜひ時間に余裕を持ってご参加ください。

期間例年3月と9月(2023年は3月21日、9月23日)
時間日の出~11:00
場所宮島口 旅客ターミナル前
入場料無料

ロハスフェスタ in広島

2016年から開催されている自然や環境問題をテーマにしたイベント。

日本各地で開催されており、広島では野外の旧市民球場跡地で2日もしくは3日間行われます。

会場内ではアンティーク雑貨やハンドメイドの品々、様々な種類のグルメなど幅広く楽しめて、多肉植物のお店については例年2~3店舗出店されることが多いです。

エケベリアやセダム、チランジアなど、育てやすく可愛らしい種類の苗が多い印象ですよ。

ただ、あいにく近年ではコロナ禍や天候不順により開催見合わせが立て続いています。
今後の予定はInstagram公式アカウントよりご確認ください。

期間
時間10:00-16:30
場所広島ゲートパーク(旧市民球場跡地)
入場料350円(小学生以下無料)

23年現在はコロナによってイベントがやや減少傾向

実は2019年頃までは、他にも多肉植物を見たり買ったりできるイベントがあったのですが、コロナ禍を皮切りに各種イベントが数年間開催見合わせとなり、2023年現在でも未だどこか様子見中といった現状があります。

だだ、世の中の落ち着きに合わせて今後またイベントも少しずつ増えていくと思いますので、さらなる情報発信にご期待ください。

まとめ

広島で多肉植物を楽しめるイベントについてご紹介してきました。

お伝えしたとおり、現在確実に毎年楽しめるイベントの数はさほど多くありませんが、ここ数年で県内にかなり多肉植物専門店が増えてきていることもあり、今後は賑わいが期待できると思います!

近年はInstagramでの告知が多いので、色々フォローして情報をキャッチしてみてくださいね。

★常時多肉植物を購入できる広島県のお店はこちらにまとめていますので参考にしてみてください!↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました